TOP

風俗で初めて女性を知った僕。その後の風俗体験談をご覧下さい。

大した役者だと思ったデリヘル嬢

役者…というと嫌なイメージを持ってしまう人もいるかもしれないんですけど、自分はこの前大宮でお世話になったデリヘル嬢に対しては役者だなって思ったんです。
それは演技がわざとらしいって意味ではなくて、ずっと笑顔を絶やさないデリヘル嬢だったんですよね。きっと腹立たしいって思った部分もあると思うんですよ。むしろない訳がないっていうか。でも彼女はそういったそぶりを見せずにこちらのために頑張ってくれました。だから役者なデリヘル嬢っていう言い方は誉め言葉なんです。
いくらデリヘル嬢だって働いていれば本音としては色々な不満や鬱憤があると思うんですよね。でも、彼女はそれを微塵も見せずに常に自分のために頑張ってくれていたんです。それだけでも嬉しいものじゃないですか。陰で何を言われていようとも自分には分からない部分なのでいいんです。表では自分のために愛想よくしてくれているというだけで彼女を選んで良かったなって。もちろん彼女が裏でなんか言っているって見た訳でもないですが(笑)また大宮でデリヘルを利用するときがあれば彼女を指名したいですね(笑)

大宮でデリヘル呼んだら美人だったので結果オーライ

やっぱり美人のデリヘル嬢を相手にしておいた方がいろんな意味で全然違うんだなってことに気付かされました。それは、この前相手をしてくれたS嬢に関してです。自宅から一番利用しやすい大宮のデリヘルで見つけた彼女は、性格に関しては割とハキハキというタイプの女の子だったのでちょっと自分には合わないかなって思ったんです。
ただ、話そのものは合わないにしても結局彼女が美人なので、それだけでこっちとすれば満足なんですよね。そこから何時間も会話しなければならないってなったらそれは大変だとおもいますけど、短時間ですし、それにプレイに入ってしまったらデリヘルはそんなに会話を楽しむようなものでもないじゃないですか。それに彼女の圧倒的なビジュアルのおかげで何をされているとかではないものの、何とも言えない幸せな気持ちになったのも事実なんですよね。
むしろ一回のプレイであれだけ感情移入したのは大宮のデリヘルでは初めてかもしれません。美人ってだけでこっちの気持ちはここまで違うものになるんだなってことにも気付かされましたね。